敬遠しがちな太めのボーダーをスタイリッシュに
着こなせる長袖カットソー

敬遠しがちな太めのボーダーをスタイリッシュに取り入れて頂けるアイテムに仕上げました。

身に着けると元気で明るい印象をつけることが
できる他人と差がつくボーダーアイテム


太ボーダーの長袖カットソーです。太めのボーダーは元気ではっきりとした印象を与えるデザインで

女子会にもレジャーにもぴったり。他人を差をつけたい方にはもってこいのアイテムです。




少し厚手のストレッチ生地は程良い光沢がポイント

遊び心のでる脇スリット

脇スリットと前後の裾の丈の差が前だけ
ウエストインしたりインナーを裾から覗かせたり???
様々な着こなしが自由に楽しめます。

立体的なパターンで
スッキリな印象に

大きくドロップした肩にストンと落ちる
ボックスシルエット。リラックスできる着心地かつ
立体的なパターンなのでスッキリと着こなせます。

金属釦などのモチーフを
取り入れたデザイン

肩に配置した金属釦など、ワークっぽいニュアンスを
取り入れたデザインです。

  • C/#11 オフホワイト 背面

  • C/#42 モカ 背面

  • C/#11 オフホワイト 詳細

  • C/#11 オフホワイト 詳細

  • C/#11 オフホワイト 詳細

  • C/#42 モカ 詳細

  • C/#42 モカ 詳細

  • C/#42 モカ 詳細

ポンチボーダーカットソー

通常価格:¥ 12,960(税込)

¥ 6,480(税込)

加算ポイント:300pt

0号(2L / 15号) 2号(4L / 21号)
11/オフホワイト -
42/モカ

選択アイテム:

数量:

レビューを見る
☆☆☆☆☆ (0)
    • アイテムスペック
    • サイズ表
    • お客様レビュー
      • ポンチボーダーカットソー

        太ボーダーの長袖カットソーです。




        敬遠しがちな太めのボーダーをスタイリッシュに取り入れて頂けるアイテムに仕上げました。




        少し厚手のストレッチの効いた生地は程良い光沢と表面感がポイント。



        肩に配置した金属釦など、ワークっぽいニュアンスを取り入れたデザインです。




        脇スリットと前後の裾の丈の差が前だけウエストインしたりインナーを裾から覗かせたり???




        様々な着こなしが自由に楽しめます。




        大きくドロップした肩にストンと落ちるボックスシルエットでリラックスした着心地になりますが、立体的なパターンなのでスッキリと着こなせます。オススメはくだけすぎない少しキレイめなボトム合わせです。




        シルエットのキレイな細身のパンツやタイトスカートなど、あとシンプルなショートパンツも可愛く着こなせます。




        メイクはブラウンやワインカラーのリップなど、敢えてダークめなカラーを選んで今年っぽく仕上げるとカジュアルになり過ぎません。




        他人と差をつけたいボーダーアイテム、是非取り入れて下さい。

      • 素材 本体:ストレッチボーダーポンチ
        厚み
        • 薄い
        • 厚い
        柔らかさ
        • 柔らかい
        • 硬い
        生地の伸縮
        • あり
        • なし
        生地の透け感
        • あり
        • なし
        洗濯表示
        生産国 中国
        裏地 なし
        カラー 11/オフホワイト 20/ベージュ
        注意点 淡色製品には蛍光増白剤入り洗剤を使用しないで下さい。
        素材の特性上、多少伸び縮みすることがございます。
        洗濯の際には必ずネットを使用して下さい。
        素材の特性上、着用や洗濯・クリーニング時の摩擦により毛羽立ち、毛玉が発生します。
        その際はお早めに毛玉取り器等で手入れをして下さい。
        洗濯後はすぐに脱水し、形を整えて干して下さい。
        長時間、水につけたままにしないで下さい。
        濃色製品は着用中の摩擦により色移りすることがあります。
        また、雨や汗等で濡れた状態で着用すると色移りすることがあります。
        その際はお早めに洗濯をして下さい。
        洗濯やクリーニングにより徐々に色あせします。
        また、色落ちすることがありますので、他の物と分けて洗って下さい。
        付属部分にアイロンを当てないで下さい。
        アイロンの際は、アタリやプレスジワにご注意下さい。