Our Technology

JolieClothesの商品に活用されている私たちの技術をご紹介しております

Curehertz(キュアヘルツ)とは・・・

Curehertz(キュアヘルツ)は、「繊維の力で世界中を健康に」をテーマに開発された糸です。
ミネラルを豊富に含む複数の火山岩(鉱石)をナノサイズにパウダー化し、成分調整・ブレンドして繊維に練りこみました。

鉱石の遠赤外線効果による温熱作用とマイナスイオン効果による血流促進作用で、カラダのめぐりを整えることが期待されます。

Curehertz(キュアヘルツ)の効果について

Curehertz(キュアヘルツ)(糸)の核となる鉱石からは、遠赤外線と共に微量な電磁波を放射しています。電磁波は微量なマイナスイオンを共に発生させます。

マイナスイオンが抗酸化力を働かせる事に繋がり、潜在的な生命力の増強、新陳代謝の増進、若返りに至るまでの元気の源を作り出してくれます。

洗濯を繰り返しても変わらない効果

天然石由来の微弱エネルギーを持った鉱石をナノ単位に粉砕し、これを繊維に
練り込むことで、後加工品の素材とは違い、洗濯や着用による脱落がほとんどありません。

からだを温める「温活」とは?

「温活」とは、健康を維持するために適切な体温まで基礎体温を上げる活動のことを言います。
現代人は昔の人に比べると、基礎体温が0.5℃から1.0℃程低い傾向があるそうです。
基礎体温を上げることで免疫力を高めて行くのが目的となっております。

Curehertz(キュアヘルツ)が「温活繊維」と
される理由

Curehertz(キュアヘルツ)は複数の特徴ある天然鉱石の組み合わせを行うことで、遠赤外線の高い放射率を実現しています。
これにより身体から出る熱(遠赤外線)を効率よく吸収・輻射を行う事ができ、身体を温める事が出来ます。

Curehertz(キュアヘルツ)に練り込まれた天然鉱石の遠赤外線作用に加え、発するエネルギーが身体を刺激します。このエネルギーが生体の活性を促し、応じて代謝の促進が起き、その結果として熱を産生する(基礎代謝の向上)と考えられて居ます。

鉱石の持つ微弱エネルギーは体内に活性酵素を生み出しますが、身体の持つ活性酵素除去機能(SOD)のスイッチが入ることで、老化(シミ・しわ・くすみ)の原因となる活性酵素が除去されるため、これによりアンチエイジング効果が期待されます。

Curehertz(キュアヘルツ)のマイナスイオン

Curehertz(キュアヘルツ)は常温でマイナスイオンを発生させ、これを外部で証明している国内唯一の繊維です。(自社調べ)

日本機能性イオン協会におけるイオン密度表示のクラス評価において、クラス2のイオン発生個数を確認しております。
※マイナスイオン個数:270,000,000/㎡

日本機能性イオン協会にてCurehertz(キュアヘルツ)(糸)のイオン量測定結果はコチラ

マイナスイオン量について

糸で測定した場合、Curehertz(キュアヘルツ)からはおよそ170個/cc程度のマイナスイオンを放出しています。
レギュラーナイロンからはおよそ10個/cc程度のマイナスイオンが確認されます。

Curehertz(キュアヘルツ)の温熱効果試験

下記はCurehertz(キュアヘルツ)を製品重量の約40%使用した靴下を使用した、温熱効果試験の結果です。着用前と着用後で、体温の上昇(代謝の向上)が見られます。

[試験方法]
測定環境下にて、試料を十分に馴染ませておく。(室温25℃/湿度50%の恒温恒湿室にて測定)
被験者は測定環境下で十分に体を馴染ませ、試料を30分間着用し、安静にした。
この時、下記それぞれの時点における表面温度をサーモグラフィにて撮影した。
1.着用前
2.着用直後
3.着用30分後
4.着用30分後の脱衣後

[被験者情報]
被験者A:39歳 女性(身長164cm、体重53kg)